妊娠中の便秘解消法について

女性は元々体の構造上、便秘になりやすい体質です。

それに加え、妊娠中は余計に便秘になりやすい状況になります。妊娠初期であるつわりの時には、食欲が減退し、食事の栄養バランスが偏ってしまうことがあります。それは、妊娠以前にはなかった臭いや味といった要素が、妊娠によって敏感になるためです。

つわり中は食べられるものと食べられないものの差が激しいために、自ずと栄養バランスが崩れてしまいます。

その結果、便秘になりやすくなってしまいます。

妊娠前は、便秘を解消するために薬に頼っていたと言う女性も多いです。しかしながら、妊娠によって自分の体だけでなく、お腹の赤ちゃんのことを最優先に考えてあげることが先決です。よって、妊娠中の便秘の症状は、よほど酷くない限りは薬に頼らないようにしましょう。

妊娠中はお腹の赤ちゃんと母体の健康を考えて、便秘解消法をマスターすることが大切です。

妊娠中は、できるだけ食事や運動によって便秘にならないような他体づくりを心がけることが大切です。食物繊維をたくさんとることが、便秘の解消に効果的です。食物繊維を多く含む食品には、玄米やオートミール、そして大豆やバナナなどがあります。

大豆は良質なタンパク質と食物繊維を一度に摂取することが出来るために、積極的に食事に取り入れるようにして下さい。また、体に老廃物がたまるとお腹の赤ちゃんにとってもあまり好ましい状況ではありません。老廃物を体に溜めないように、水分をしっかりと補給し、体の中を綺麗にするようにしましょう。
体の中の水分不足は便秘になりやすいです。よって、常温の水をこまめに摂取することで朝の働きを促し、排泄物と一緒に老廃物も排出してしまいましょう。